熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  ふれあいだより 9月20~26日は動物愛護週間です

飼育ブログ

ふれあいだより 9月20~26日は動物愛護週間です

2021年9月20日(月)

9月20~26日は動物愛護週間となっています。
ということで今回は、最近ペットとしても人気になっている
モルモットについて書いていきたいと思います。
当園にいるモルモットたちの特徴や
取り組んでいることについて少しご紹介します。

現在、当園では41頭のモルモットを
飼育しています。
モルモットはそれぞれ個性があり、
同じ性格の個体はいません。
例えば、とても怖がりで、人が来ると
巣箱に逃げ込んでしまう子がいたり、

愛護週間
まさむねくん

逆に、人が触っても逃げない子がいたり、

愛護週間
ちくわくん

普段は逃げるけど、ごはんの時は
我先にと近寄ってきたり・・・
と41頭それぞれに個性があります。
また、モルモットたちには
1頭1頭名前を付けて管理しています。

ここで、当園にいるモルモットたちの
一部を紹介していきます。
まず、1歳になっていないモルモットたちです。
愛護週間
(左から)ショコラ・ナッツ・ガナッシュ
チロル・くり
愛護週間

愛護週間
(左から)オレオ・ホイップ

すばしっこく、怖がりな個体が多いです。

次に、3~4歳の個体です。
愛護週間
(左から)ふみ・もみじ・いつみ・はんぺん

愛護週間
(奥の黒)ちょび (奥の白)アリス
(手前の茶)せんべい (手前の黒)かおるこ

全体的に落ち着いている個体が多いですが、
個体によっては怖がりな子がいます。

そして、高齢になった個体や、治療中の個体です。
愛護週間
(左から)クッキー・レイ・きんとき

愛護週間
(左から)あやめ・たまご・るい

病気や高齢のため、展示のみにしています。

このモルモットたちの中で最年長の子は・・・

愛護週間

愛護週間

るいちゃんです!
なんと今年で7歳になります!
モルモットの平均寿命が5~7歳なので
長生きなおばあちゃんモルモットです!

このようにモルモットたちに
元気に長生きしてもらうために
定期的に健康チェックも行っています。

まず、毎日1頭ずつ体を触ってみて、
けがや異常がないかチェックします。
この時に何か気になることがあれば、
獣医師さんに相談して診てもらいます。
必要があれば、投薬や目薬などを行います。

その他に、定期的に行っていることとして
主に、爪切り・体重測定・シャンプーがあります。
爪切りは、伸びた爪でけがをしないように行います。
体重測定は、病気の早期発見に役立ちます。
シャンプーは、治療や病気の予防、
自分でグルーミングが難しくなった
高齢の個体などには衛生管理のため行います。

また、普段モルモットたちがいるお部屋も工夫をしています。
モルモットの原種である野生のテンジクネズミは
岩陰や穴の中にひっそりと暮らしています。
なので、お部屋の中に隠れ家として
おうちやトンネルを置いています。

愛護週間

また、下に敷いてある乾草の床じきも
隠れる場所になります。

モルモットは音に敏感で、
大きな音がすると、びっくりして
おうちやトンネルに隠れてしまいます。
なので、モルモットを観察するときは、
窓をたたいたりせずに、静かに観察してみて下さい。

ここまで、当園のモルモットたちについてと
取り組んでいることについて少しだけご紹介しました。
ペットを飼われている方も、
これからペットを飼おうと思っている方も
最後まで大切に飼育してあげてください。

ふれあい広場より
 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671