熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.369トカラヤギの赤ちゃんぴょんぴょんデビュー♪~(^。^)

飼育ブログ

動物だよりvol.369トカラヤギの赤ちゃんぴょんぴょんデビュー♪~(^。^)

2017年12月17日(日)

平成29年12月17日(日)晴れ

 

熊本地震発生から613日。

 

以前、ふれあいだよりで誕生のお知らせをした

トカラヤギの赤ちゃん2頭。

 

本日より一般公開開始!

 

11:15~のヤギガイドでトカラヤギの家族を紹介しました。

 

 5

先日から、ぽかぽか太陽の当たるパドックで馴致をはじめた

トカラヤギの赤ちゃんたちは、元気いっぱい!

7

紹介前から、走り回ってみなの目を釘付けにします。

9

 

自分の体高くらいある切り株にも

ぴょん♪

0

 

だだだだっ!!

1

 

アンコも、モナカも絶好調。

2

いっときも、じっとしていません。

4

 

トカラヤギの本領発揮。

5

 

高いところに、どんどんのぼって

6

 

飛び降りて

7

 

ダーッシュ!

8

ぐるぐるぐるぐる・・・

0

 

お客さんにも、ふんふん、寄っていきます♪

1

お待たせしました、トカラヤギ一家の紹介をはじめます。

 

0

 

まずは、もっさり毛が長く伸びた父の「ゴマ」。

3

 

現在は、精悍な顔立ちと立派な体格をしておりますが

幼少時は、飛びぬけて愛らしい姿で人目をひきつけておりました。

 

長じて、サンドバッグなどで自主トレにはげんでたくましくなり(^^)

ときにはげしい頭突きがやってきます☆

4

 

次は、美しい母のツナ。

本来、こどもを産むと母性が強くなって

こどもを守ろうとする行動をとりますが

飼育スタッフをとても信頼してくれていて

生んだ直後から、こどもたちの健康チェックをスタッフが行っても

横でおだやかにその様子を見守っていました。

7

 

愛情が薄いかというとそうではなく、しっかり母乳も飲ませて

グルーミングも愛情深く行っています。

 

4

 

ママー、ミルク~っ


2

 

右と左のおっぱいに、それぞれ吸い付いています。


3

 

ヤギのおっぱいは、下腹部についていて

こどもたちはそこに顔をもぐらせて飲みます。

 

お母さんは、寄ってきたわがこをやさしくグルーミング。

4

過保護ではないようで、こどもたちの遊びに対して

結構どっしり構えて見守る肝っ玉母さんです。

初産とは、思えませんね(^^)

8

色の濃いほうが、アンコ(メス)。

とっても元気でお転婆、骨格もしっかりしています。

2

 

トカラヤギは、オスほどの立派な角ではありませんが

メスも角がはえてきます。

3

色の淡いほうが、モナカ(メス)。

生後、アンコよりひとまわり小さかったので心配しましたが

とても元気で、アンコと一緒に跳ね回っています。


5

 

さて、赤ちゃんたちを外から見守ってくれていたお客さんたちと

はじめてのふれあいを行います。

6

 

スタッフが赤ちゃんたちを抱き上げて

やさしく外からふれてもらいました。

7

2

3

 

7

間近で写真をとられたり

7

 

かわいく撮れてる~?

8

 

お客さんと赤ちゃんがふれあうのははじめてなので

それまでどーんと鷹揚にかまえていた母のツナも

赤ちゃんの様子が気になりだして、ついてまわります。

9

 

うしろから、心配そうにみまもり

5

 

ときどき、べえ゛~~~っ(まだ~?)と

スタッフに訴えかけます。

6

 

母の深い愛情を感じる一面でした。

初日は、短時間のふれあいと公開でしたが

赤ちゃん達がどんどん環境になれて育っていくうちに

ツナママや他の仲間たちと一緒に

外ですごす時間も長くなっていくことでしょう。

 

2

 

今後も、赤ちゃんたちはふれあい広場の予備パドック等で

天気の良い時間に出ております。

ぜひ、会いにきてください♪


浅井、飯冨、上野、白濱、立山、長野、松本 充史、松本 直美





 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671