熊本市動植物園トップ
   ホーム  >  ブログ [ 飼育ブログ ]   >  ムネアカカンムリバトのヒナが生まれました!

ブログ

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



最近の記事
分類選択
タグリスト
以前の記事
キーワード検索
  飼育ブログ  植物ブログ  園長日記

ムネアカカンムリバトのヒナが生まれました!

2015年9月30日(水)


今月6日にムネアカカンムリバトのヒナが生まれました。

 

あれっ?どんなハトだったっけ?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが

 

パプアニューギニア館にいる、

 世界で最も大型のハトの1種です。

 

それと実はこのムネアカカンムリバト、国内では熊本市動植物園でしか見ることができません。

 

昨年、6羽いたのですが、高齢の4羽が相次いで亡くなり

国内で最後の2羽になってしまいました。

 

このままではいずれ国内で見られなくなってしまうと思っていたところに

2羽の間にヒナが生まれました。

 

 

 2

 生まれて3日目、親が守ってかくそうとするため

なかなか見れません

 

7

23日目、だいぶ大きくなって親のそばで動き回るようになってきました

小さいけれど親と同じようにレース状の冠羽があります。

(左端にいるのはヒナじゃなく、キンバトの成鳥です)

 

 

 

巣立ちが30日から35日くらいのため

それまでは心配もありますが、今のところ順調に育っています。

 

親が守ろうとしてなかなか見づらいかも知れませんが、

探してみてください。

 

カメラのフラッシュなどに驚くこともありますので、

見守っていただければと思います。

 

 

 

診療教育班  林、小川、本田、立山

 





 

 



 

 

 戻る ホーム
このページの先頭へ
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2
TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671