熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.246アフリカゾウの七夕ぱたぱた♪

飼育ブログ

動物だよりvol.246アフリカゾウの七夕ぱたぱた♪

2017年7月8日(土)

平成29年7月8日(土)くもり後晴れ

 

熊本地震発生から451日。

 

 

笹の葉さ~らさら♪

 

笹は、台風の後片付けを終えてから

6日に、ゾウスタッフが、自宅の笹を切り出してきました。

7日のチンパンジーの七夕で使用したのも、この笹です。

 

2

 

雨が降り続く中、準備をすすめて

0
 

8日の予報も雨でしたが、晴れ男か晴れ女か来園されていたようです。

 

久しぶりの晴れ!

 

 朝から、動物ボランティアさんと一緒に

短冊がわりのエサを準備。

 

まずは、ヤシの葉を細かく裂く作業(↓)。 

 

4

 

これを糸代わりに、野菜や果物を通していきます。

 

8

イモ、ニンジン、ゴーヤ、パプリカ

スイカ、レンコン、リンゴ、ミニトマト、キュウリ、イチジク

ピーマン、冬瓜、ナス etc


1

涼しげな細工も細かく(^^)

6


0

 

皆で分担してつくったので

2

 

あっという間に

 

3

 

この状態(↓)から・・・

8

9

 

こんなにたくさん!(↓)


1

2

 

そして、午後からお客さんたちにも協力していただいて

笹に七夕の飾り(エサ)をつるしました。

4

5

6

8

9

1

完成した笹を、アフリカゾウ舎へ運びます。

2

 

むむ!

3

 

重いぞーっ

4

よいしょーっ(あ、リンゴ落下☆)

9

設置完了!

1

 

今年の笹は、葉が多いのもありますね!

2

思った以上に、たくさんのエサ短冊で、色もあざやか。

7

 

全部で5本。

8

ガイドの時間の前に、アフリカゾウたちを

いったん寝室に戻して設置したのですが

中にいるマリーとエリが

扉を「ドン、ドン」叩いて、催促します(スタッフの後ろ)。

 

もーいーかい?

 

ま~だだよ~(^○^;)

4

 

泥に深くさした孟宗竹に、七夕の笹をさしています(↓)。

 

6

 

そのまま、笹だけを泥にさすより、とても安定感♪

 

7

 

ちなみに、どうやったかというと

名づけて「ここほれパオパオ、大作戦!」

 

ここほれ

 

まず、お客さんの見やすい場所の泥を、ふか~くほりすすめます。

7

 

そこに、孟宗竹を差し込んで、その周りを泥で固めます。

さらに、竹の中の節々をポールで貫通させて、長い筒状にします。


8

 

しっかり固定できた孟宗竹の筒に

お客さんと一緒につくった笹をぐさっとさせば、できあがり!

9

 

放飼場からみると、こんな感じ。

10
 

さて、七夕の笹づくりにご協力いただいたお客さんたちも

集まっていただいたところで、ガイドを開始。

5

準備したスタッフたちも見守る中・・・

0

3

 

エリの鼻登場!

4

 

笹を見て、興奮で耳が吊りあがります!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

5

 

そのまま飛び出してきて

6

 

正面の笹のにおいを、鼻でかぎつつ

7

 

大興奮!!

8

 

・・・したまま、左側(エリにとっては右側)の笹へ小走り。

 

こんなエリマキトカゲ状の耳には

なかなかなりませんよ~(^^)
途中から落ち着いて耳が下がるので

写真を比べてみてね。

9

 

尾もぶんぶん振りながら

0

 

長い鼻をさらに伸ばして

1

 

笹に鼻をからめて

2

 

おおっ!!

3

 

ばきーっ(゚ロ゚;)

4

 

最初に食べるのは、なんでしょうね?

という問いかけに

 

きっとリンゴが好きだからリンゴからだよ!

スイカだよ!

色々予測していただいていたお客さん。

5

 

正解は・・・笹でした!

6

 

ゾウは笹も好きなんです。

8

 

嬉しそうに笹を持ち歩いて

9

ここで食べよう!といったん置くと

1

 

笹の半ばほどを鼻で持ち直して

2

 

前脚で幹部分を踏みしだき

3

 

振り回しつつ

4

 

ばくん!

5

 

うまうまうまーっ!!

7

 

エリがむしゃむしゃ食べ始めると

お隣の扉が開きます。

8

マリー登場!

0

 

エリは食べるのをやめて

1

 

扉が開ききるのももどかしく出てきたマリーへご挨拶。

2

 

マリーも大興奮です!

4

 

さっそく正面の笹を鼻でチェック!

5

 

嬉しそうに、瞳が笑います。

6

 

エリと「プオアーップオアーッ」鳴き交わしながらすりすり♪

7

 

あまりの迫力に、そばにいたお子さんから

「怖いよー」という声も。

8

 

ひとしきり、挨拶がすむと

9

0

 

それぞれ食餌に入ります。

1

 

ゾウの鼻は、とても発達していて器用。

2

 

食べ物の少ないサバンナで生き残るために

高い木の葉も食べれるように、長い鼻へと進化した説があります。

 

この鼻は上唇と合体しているんですよ。



3

 

さて、めきょめきょ笹を折って

つるした野菜や果物を気にしていないようにもみえる2頭ですが



4

 

実は、苦手なものもあります。

5

 

食べたくないなと思ったものは

振ったりしてはずして捨てています。

7

 

一緒に落ちた好物は、ちゃんと拾って食べています。

8

 

去年の七夕は、夕方までパプリカが残してありました(;^○^)

9

 

現時点では、色々まだ落ちていますが


9

 

あとで、好物は消えていることでしょう。

0

マリー(↓)も

 
1

2

エリ(↓)も、むしゃむしゃ食べつつ

3


7

9

ときどき、じゃれあいます。

4

 

今回は、たくさんのお客さんが

ふだんとは違うマリーたちの様子を

楽しみに見にきてくださっていました。

 

3

5

笹は、鼻を使って途中で折ったり


1

2

3

4

孟宗竹から引っこ抜いたりしてとりましたが

3

4

支えになった、この残った孟宗竹(↓)。

8

アフリカゾウは、この竹も実は大好き。

5

 

残った竹に足をかけて

6

 

ゆっくり体重をかけていきます。

7

ぐぐぐ・・・

9

お見事!

縦に割れています(↓)

1

 
孟宗竹の中のセンイ部分が好きなので

食べるときは、割って裂いて食べるんですよ。


さて、ガイドでもお伝えしたアフリカゾウの耳のうらがわは

こんなふうになっています(↓)


3

 

スジがいっぱい見えますね。

この太いスジが、血管です。

 

耳を前後にパタパタ動かして、空気の対流を起こし

耳の表面に浮いている血管を冷やすことで

からだにこもる熱を下げているといわれています。

 

アジアゾウと比べて、明らかにアフリカゾウのほうが

耳が大きいですよね。

暑いサバンナにすむアフリカゾウの耳が

植物の生い茂った日陰のある場所に生息するアジアゾウの耳より

大きく発達している理由の1つが、暑さ対策といわれています。

 

また、アジアゾウの耳が小さいのは

木々が生い茂った場所を移動するのに

大きいとひっかかるから、小さくなったともいわれています。

 

4

 

こちらは、正面からみたときの耳(↑)。

裏側からみる血管よりも、細めで辺縁に偏っていて

あまり表面に浮き出ていませんよね。

当園では、健康管理のために血液検査を行っていますが

裏側の太くて長い血管のほうを選んで、週1回採血しています。

 

4

 

ある程度食べて、落ち着いてきたエリとマリー。

スタッフが、残っているものを撮影していると

4

なにしているの~?

6

やさしく鼻でふれて、ふんふん。

9

 

おいしかったよ~

ぱたぱた耳を動かしながらゆったり近づいて

スタッフとおだやかにコミュニケーションをとりはじめました。

8

 

エリもマリーも、七夕イベントを喜んでくれたようでよかったです♪

 

 

昨年は、ゾウとスタッフだけのさびしい七夕でしたが

今日は、たくさんのお客さんが見守る中

開催することができました。

6

ご参加・ご協力いただいた方々、ありがとうございました!

 

皆さんの願い事が、叶いますように。

 

 

 

上野、内田、北川、草野、高田、戸田、檜垣

平瀬、藤原、松本 浩二、松本 松男、森田、吉仲




 ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615