熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.267アフリカゾウにジャンボスイカの贈り物!

飼育ブログ

動物だよりvol.267アフリカゾウにジャンボスイカの贈り物!

2017年8月5日(土)

平成29年8月5日(日)晴れ

 

熊本地震発生から479日。

 

カ、ぐしゃっ!

 

1

 


8月1日、熊本県農産園芸課の方より

熊本県庁地下1Fにて7/13~7/31までの間展示していた

準グランプリのジャンボスイカをいただきました。

その重さ、なんと104kg!

高さ90センチ 横幅50センチ 胴回り150センチ

 

1

 

ありがとうございます!

 

 

ゾウたちに与える前に、その大きさ、感触を来園者の方にも

自由にさわってもらいました。

 

0

 

ここから男性飼育スタッフ6名で

アフリカゾウの放飼場まで運びます。

0

 

落として割ったら、連帯責任ね☆

1

プールの前にセット。

3

 

長期間展示されていたということで、ちょっと心配でしたが

ヘタの部分をカットして確認。

4

 

イケル!

6

 

さっそく、ゾウのジャンボスイカのガイドがスタート♪

8

 

まずは、エリが、鼻を突き出してでてきました!

9

 

興奮で、耳が立っています。

0

 

まわりをぐるっと見ながらも

1

 

からだは、ジャンボスイカへ一直線☆

2

 

ささっとにおいをかいで

3

 

間髪いれずに

4

 

鼻でスイカを固定、すっと右前脚をあげたかと思うと

5

 

ぐしゃっ!

6

 

早いよー!

なんのためらいもなかった(><;)

 7

すぐに鼻でかけらをくずして


0

 

器用に鼻でつかむと、いっただーきま~す♪

1

 

るん♪

2

 

食べながら、すぐに方向転換。

3

というのも、次はマリーが出てくるから。

5

マリーが出てくるのを待ち構えていたエリが


6

 

マリーに挨拶。

7

0

1

 

プァーッ!

2

 

ゾウの出す音は、6オクターブの音域があるといわれていて

人間がきこえない低周波音も含みます。

3

 

わたしたちヒトにはきこえない音域でも

情報を伝え合ったり感情を伝え合ったりします。

 

ゾウの鼻も感情豊か、においをかぐだけではありません。

やさしくふれたり、相手への愛情も伝わりますよ。

4

 

さて、自然界のメスのゾウは群れでくらし

その群れにはリーダーがいます。

当園のゾウは、力関係ではマリーのほうが上。

5

 

というわけで、まだエリが一口しか食べていないスイカも

 

4

 

エリが急いで二口目をとったあとは

6

7

 

マリーが近づいてくると

8

 

エリはすぐにもう1欠片を鼻でとって

9

 

場所をゆずります。

1

 

4
 

マリーは、じゅぉーっと鼻で

スイカジュースを吸い上げています。

3

あっという間に、スイカで鼻がぬれてきました。

7

 

おいしい♪

8

 

ぱくぱく食べるマリーの横で

9

 

エリは、口に鼻を入れて、食べたいよ~・・・・

0

 

めきめき、じゅぉじゅぉ、ぱくぱく。

1

 

エリは、スイカとマリーの周りをうろうろ。

2

4

食べたいよアピールしますが、マリーは動じません。

7

8

前をうろうろ

0

 

左右をうろうろ

1

 

ついにエリが、おしりでマリーを押すという作戦に。

2

4

5

6

 

む・・・むむぅ・・・

7

 

7

・・・・・


9

 

もーっ

0

 

あっち行きなさい!

 

押し返して、マリーに軍配があがります。

1

2

3

 

何かを食べているわけでもないのに、鼻を口の中に入れる仕草は

自然界ではこどものゾウにみられますが

当園では、エリにもみられます(↓)。

4

食べたい・・・しょんぼり鼻

6

食べたい・・・

8

 

食べたいよぉ・・・

0

1

マリー、そろそろゆずってあげたら~?

3

 

再び、エリが後ろから回りこんで

4

横からそっと鼻だし。

1

 

一生懸命にぴんと伸ばして吸っています。

2

今度は、マリーも押し返しませんでした♪(^^)

6

やっとお許しがでたみたいです。

8

ここからは、2頭並んで食べ始めました。


1

9

ゾウの鼻の先には、突起状の部分があり

これで器用に物をつかむことができます。

6

 

足もスイカを踏み割り、つぶすのに大活躍。

7

 

じゅぉーっ

つぶしてできたスイカジュースを鼻で一気に吸い上げます。

大人のゾウは、5-10ℓを1回で吸い上げることができるんですよ。


9

エリもだいぶ大胆に。


4

 

マリーが、エリの口の中に鼻を入れます(↓)。

相手の口に入れるのも、1つのコミュニケーション。

5

7

8

 

皮膚をよくみると、細かいしわがたっぷり。

9

 

間に泥がつまっているのが見えますね。

しわに入り込んだ泥パックは

暑さ対策、日焼け止め対策、保湿効果があります。

0

 

しばらくマリーが中心になって食べていましたが

1

中の果実部分が減ってきて

5

 

エリが上手にはがした果実部分を

6

 

そこ、わたしにちょーだい。

7

えーっとなるエリですが


0

マリーには、かないません。


1

 

しばらく残った果実部分は、マリーが独占。

2

 

マリーがいなくなったすきに、残った部分をエリが踏みわると

1

 

すかさず、マリーが横取りにきます。

2

 

くずれた果実部分を、さぐるマリーとエリ。

3

う~ん、ほとんどない。

5
 

マリーがエリに完全に明け渡した頃には

あんなに大きかったスイカも

3

 

30分後には、このとおり(↓)

4

今回は、マリーがほとんど食べてしまいましたが

エリも最初と後半は食べることができました!

 

暑い夏に、ひとときの納涼、楽しんでもらえたようです♪

 

ジャンボスイカご提供いただいた方々

本当にありがとうございました!

 

 

上野、北川、木下、草野、高田、戸田、長野、檜垣

平瀬、藤井、松本 松男、森田


 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615