熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.24ワオキツネザル1ヶ月ぶりの外の空気

飼育ブログ

動物だよりvol.24ワオキツネザル1ヶ月ぶりの外の空気

2016年5月14日(土)

平成28年5月14日(土)晴れ

 

 

ワオ

 

 

熊本地震発生から30日。

 

ワオキツネザルも、熊本地震の被災者。

 

 7

この写真は、4月14日の日中(↑)。

 

モンキーアイランドの島で撮影した、最後の写真となりました。

 

現在のモンキーアイランド(↓)。

 

2

 

先に引っ越したモンキーアイランドのクロクモザル(左建物)に続き

 

お隣のワオキツネザル(右建物)14頭も、ついに引越しできました。

 

放飼場が壊れて、日に日に獣舎も傾く中

 

1ヶ月も寝室でこらえてくれました。

 

以前の島よりも、やや広めの放飼場2つ。

 

今回は、緊急避難としての引越し移動と

 

オス2頭の群れ合わせも目的です。

 

ワオキツネザルは、メス優位の社会。

 

食べるときも、群れ同士で闘うときも

 

前に出るのはメス。

 

毎年、出産時期(日本では春3~4月)になると

 

メスによる最上位のオス以外のオスへの

 

あたりがきつくなります。

 

当園のオス2頭も

 

今年の3月から群れの隣で過ごす日々でした。

 

そこで、今回は最初にオス2頭とメス2頭とを合わせて

 

しばらく状態をみることに。

 

お互いのことよりも

 

引越し先に連れてきた人や新しい環境に対しての

 

クッ、クッ、という警戒音が続きます。

 

 

 

 その後、順次、メス3頭と最上位オス1頭を合流。 

 

この時点では、オス2頭も群れに混ざっていたのですが

 

母+こども1頭がさらに加わると、急激に密度増加。

 

その中からまずオスの1頭が

 

逃げるように壁際へ行ってしまいました(左上↓)。

 

38

 

41

42

43

44

47

48

49

50

それを追うように、もう1頭のオスも壁際に。

 

52

54

55

 

角部屋の放飼場にこれ以上の数は窮屈と判断。

 

残りの母2頭+こども4頭を、隣りの放飼場へ。

 

6

7

1

休憩できる台、水、餌を追加して、さらに様子をみていると

 

やはり、オス2頭のうち1頭は餌箱の近くまで行くが

 

とることができず。

   
66

また、今は親から離れてこども同士で遊んで学ぶ

 

学習時期でもあります。

 

こども1頭だけを離してしまうのも・・・

 

 そこで、角部屋の母(+こども1頭)を、隣室へ。

 

頭数は、8頭と6頭の部屋となり

 

ワオキツネザルたちも、お互いの距離感を保てるように。

 

81

 

83

最初は警戒して母親にしがみついていた

 

隣室のこどもたちも、しばらくすると

 

親から離れて食べたりじゃれたりしていました。

 

93

01

今後も群れの状態を見ながら

 

2つの放飼場を行き来できるようにするなど

 

対応していく予定です。

 

なにはともあれ、久々の外の空気をいっぱい吸って

 

こどもたちも多感な時期を

 

のびのびと過ごしていってほしいです。

 

あ。

 

ブランコと日除け追加しました☆

 

残念ながら、今日は誰もこいでいません。

 

 

81

50

「緊急避難の引越し完了と模様替えの報告」

 

アナグマの新居と合わせて、お楽しみください ♪

 

 

 

井手 眞司、伊藤 誠基、伊藤 礼一、上野 明日香、久保 英明

竹田 正志、中村 寿徳、福原 真治、松本 浩二、的場 秀嗣 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671