熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  チンパンジーのお昼ごはん~オクラのフィーダー~

飼育ブログ

チンパンジーのお昼ごはん~オクラのフィーダー~

2015年5月21日(木)

平成27年5月21日(木) 晴れ

 

 

2 

 

本日も快晴。

 

 島では、午前中はタワーのデッキも日陰になり

 

皆(黄色の矢印)、まったりしています。

 

 

さて、本日のお昼ごはんは、全天候室。

 

フィーダー管(※塩ビ管)にいれたのは、オクラ

 

誰が喜んで食べてくれるかな。

 

 

6 

 

はじめに、フィーダー管を手にしたのはノゾミ(♀)。

 

丸太に腰掛けて、上手に小さな穴から

 

1個ずつとりだして食べています。

 

ホジホジ、ホジホジ。

 

 5

 

次に手にしたのは、ちょっと遅れて入ってきたマルク(♂)。

 

笑顔で食べています。

 

ホジホジ、ホジホジ・・・。

 

8 

 

3つめのフィーダー管(左)は、このあとカナエ(右♀)の手に。

 

その直後に、先程のオクラを食べ終わったマルク

 

近づいてきたので、カナエは「わたしのーっ」と

 

フィーダー管を抱え込んで小さくなりました。

 

結局、マルクからとりあげられることは、ありませんでしたよ。

 

 

1 

 

その頃の、ユウコ(♀)。

 

タケノコもって移動中。

 

 

7 

 

その頃の、クッキー(♀)。

 

ダイコン葉っぱを食べていました。

 

 

 

フィーダー管を、よく使うのはノゾミマルク、そしてカナエ

 

 

クッキーは、一番粘り強く、

 

時間をかけてフィーダー管から食べ物をとります。

 

 

ユウコは、なかなかとりにいきませんが

 

中身がバナナなら別!

 

しっかりホジホジしますよ。

 

 

 

 

 ※フィーダー管(塩ビ管)について

 

自然界のチンパンジーたちのくらしは、

 

えさを探して食べることに、かなりの時間をかけています。

 

 

そのため、本園では、木の洞など取り出しにくい場所に

 

入っているえさをイメージして、フィーダー管を使っています。

 

容器にエサを入れてからフタをすると

 

管の途中に開けた小さな穴に、棒や指を入れて

 

熱心にとりだして、時間をかけて食べています。

 

 

 

 

チンパンジー班:竹田 正志、福原 真治、上野 明日香

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671