熊本市動植物園トップ
   ホーム  >  ブログ [ 飼育ブログ ]   >  チンパンジーのタケノコ掘り

ブログ

カレンダー




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
最近の記事
分類選択
タグリスト
以前の記事
キーワード検索
  飼育ブログ  植物ブログ  園長日記

チンパンジーのタケノコ掘り

2019年3月30日(土)

3月30日(土)

 

本日はチンパンジー達にタケノコをプレゼント。

 

タケノコは差し入れで頂きました。

 

ありがとうございました!

 

1

 

皮付きのタケノコを2本、チンパンジー舎の島に埋めました。


1

 

もはやリアルタケノコ(自生しているタケノコ)ですね。

 

屋内の展示室でタケノコをあげた際は、みんな喜んで食べていました。

 

さて誰がゲットするでしょうか?


1

 

「横!横!そこにあるよ!」

 

タケノコの側を何度も素通りするクッキーに、そう声をかけてしまいました。

1

 

しばらくたってから、遂にマルクが掘り当てました!

 

豪快ですね!

1

 

すぐにその場で食べるのではなく、

 

タワーの上に大事そうに持っていくマルク。

1

 

見晴らしのいいところでバクリ。

1

 

そんなマルクを物欲しそうに見つめるカナエ。

 

チンパンジーは食べ物を分け与えることは普通はしません。

 

所有権のようなものがあり、先に見つけたチンパンジーの物になります。

 

それを誰かが奪うと、奪われたチンパンジーはもちろん、その他の周りのチンパンジーからも非難を浴び、攻撃されることすらあります。

1

 

しかし!!

 

なんと!カナエもタケノコを食べていました。

 

恐る恐るタケノコに手を伸ばしたカナエを、マルクは容認。

 

ふところが広いところが見れました。

1

 

更にノゾミとクッキーもタワーに上ってきました。

 

ノゾミはマルクが食べた後に小さく残ったタケノコをゲット。

 

クッキーは上から落ちてくる食べこぼしをゲットしていました。

 

一つのタケノコを4人で食べたことになります。

 

 

桜の花をバックに、タケノコをシェアするチンパンジー達は、

 

のどかで春らしい光景でした。

 戻る ホーム
このページの先頭へ
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2
TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671