熊本市動植物園トップ
   ホーム  >  ブログ [ 飼育ブログ ]

ブログ

カレンダー






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





最近の記事
分類選択
タグリスト
以前の記事
キーワード検索
  飼育ブログ  植物ブログ

飼育管理センター 食痕~しょくこん~

2024年5月18日(土)




今回はバックヤードエリアにある、飼育管理センターで暮らすムササビの「食痕」のお話です。



1




食痕という言葉を聞いたことがありますか?




食痕は、「動物が餌を食べた痕跡」という意味で「しょっこん」とも読みます。


 

ムササビは夜行性なので、ごはんを食べているところを直接見る機会がなかなかありません。


そのため、次の日にムササビがごはんを食べた痕跡「食痕」を見ることで、

何をどのように食べたのか、何が好きなのか、などを知ることができます。

 

 




では、さっそく食痕を見ていきましょう!



 

まず、普段食べているごはんから…


当園では、りんご、にんじん、バナナ、さつまいも、キャベツ、小松菜、

タネ類、草食動物用のペレットをあげています。




その中でも面白い食痕が残るのはこちら!


2




3


同じ食べ物ですが、わかりますか?






4


こちらも食べ残したものになりますが、これはわかりやすいと思います。

 




正解は小松菜でした!


緑色の葉の部分のみ器用に食べていますね。

 





また、同じような食痕が残るのがキャベツです。


5



このように薄い葉の部分だけ食べて、硬い芯や葉脈だけ残っていることがあります。

 





 

次は秋の味覚、どんぐりです!


6


硬い殻を囓り、中身だけ綺麗になくなっていました。





7



このどんぐりは、外側の硬い殻に穴を開けるのを頑張った痕跡も残っていました。

 



 

 

ムササビは野生下では、木の葉や木の芽、果実などを食べるため、

ムササビのお部屋に何種類か樹葉も入れています。


 


これはマテバシイの葉っぱの食痕です。


8


ムササビは葉っぱを半分に折って食べるので、左右対称の食痕が残ることが多いです。





9




10



この葉っぱは半分に折って、少しだけ齧った痕跡がありました☺️






そして、樹皮も食べます!


11




12




13



好きな木の樹皮は写真のように元の色がわからないくらい、綺麗に齧られていることもあります。

 

 




また、冬の間は食べられる葉っぱが少ないので、この日は試しに枝だけ入れてみました。


これはエノキの枝で、矢印の部分が冬芽になります

冬芽は、春になると葉っぱが出てくるところです。


14




15




白くなっているところが冬芽のあった部分です。冬芽だけ器用に囓られ、なくなっていました!


16







ここまで様々な「食痕」を見ていただきましたが、どうだったでしょうか?

 




実は、野生のムササビを探すのにもこの食痕が目印になります。



先ほど紹介したマテバシイなどのどんぐりの木では、秋になるとどんぐりの食痕が

分かりやすいですが、それ以外の季節は葉や枝、樹皮を齧った食痕が目印になります。



また、サクラは冬から春にかけては芽を、暖かくなり花が咲きだすと

つぼみや花を食べ、花の時期が終わると葉を食べます。


このように季節とともに食べる部分が異なる植物もあり、

同じ植物でも様々な食痕を見ることができます。



他にも松ぼっくりやツバキのつぼみ、モミジ等、馴染みのある植物も食べます。


自然散策の際は、もしかしたら今回紹介した食痕に似た痕跡が落ちていたり、

囓った跡を見つけるかもしれませんよ!


また、ムササビ以外の生き物の「食痕」にも出会えるので、

身近な植物をじっくり観察してみるのも面白いですよ😊

 

 




 ホーム
このページの先頭へ
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2
TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671