熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  マレーグマのフジが死亡しました

飼育ブログ

マレーグマのフジが死亡しました

2022年1月1日(土)

マレーグマのフジが、令和4年1月1日の17時45分に
急逝しました。

フジは昨年12月中旬頃から、食欲のムラや動きの緩慢さが
確認されるようになりました。血液検査やレントゲン検査等を
行い、投薬治療を続けた結果、食欲は次第に回復してきて
いるところでした。
1
1月1日は餌を食べていませんでしたが、朝は普段と変わらない
様子で、いつものように動き回っておりました。しかし、
10時半頃突然意識がなくなり、横たわる状態となりました。
獣医師が救急治療を施し、一時小康状態となりましたが、
17時30分頃容態が急変し、17時45分頃死亡を確認いたしました。

2

フジは平成23年11月8日生まれの10歳、3歳の時に上野動物園
から来園して7年間、その愛嬌ある動きで多くの来園者の方々を
魅了してくれました。本年は運動場の床を冷たいコンクリートから、
より自然に近いウッドチップに敷替え、先日も飼育員による
誕生会を終えたばかりでした。

3
フジは好奇心旺盛であまりに活発なため、寝室のハンモックや
運動場の丸太を破壊したり、岩場に穴を開けたりと、飼育員を
困らせる一面もありました。しかし、なぜかフジなら許せて
しまう不思議な力を持っておりました。
4

たくさんの方々から愛され、かわいがられていただけに
飼育員の間にも衝撃が走りました。
新年早々の悲しいお知らせとなってしまったことが、
本当に残念で仕方がありません。

フジの分まで、メスのマーネが幸せに暮らせるように
努めていきたいと考えておりますので、これからも応援のほど
どうぞよろしくお願いいたします。

飼育第2班


 ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671