熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.234ニホンジカの袋角~&おちびさん♪

飼育ブログ

動物だよりvol.234ニホンジカの袋角~&おちびさん♪

2017年6月23日(金)

平成29年6月23日(金)晴れのちくもり

 

熊本地震発生から436日。

 

 ニホンジカの袋角(ふくろづの)

 

シフゾウの角は、よくブログなどで紹介していますが

今回は、シフゾウと同じシカ科のニホンジカの角を紹介します(*^○^*)

 

ニホンジカの角は、1年に1回生え変わります。

 

 

本日のオスたちの角の状態は、袋角と呼ばれるまだ柔らかい角(↓)

4

 

年齢によって、長さも枝分かれの数も増えていきます。

 

7

 

野性下では、3月頃に頭部から角が落ちて(落角らっかく)

春に角が生えはじめ、秋に硬い骨質の角になるまでが

袋角と呼ばれる血管が通っていて、ぐんぐん伸びる時期の角。

さわると、ほんのりあたたかいんですよ☆

5

 

この時期は、血管が通っているので色味もやや赤色~茶色。

 

6

  

下の写真(↓)は、9月頃の硬い骨質の角。

白くなっているのがわかりますか?

 

0

 

秋の繁殖期には、メスをめぐってオスたちが

この硬い角をつきあわせて闘いますが

当園では、闘争による事故防止のために

秋になると、角を切ります(断角)。

 

断角後の状態(1月撮影写真↓)

 

6

この状態が、しばらく続きます。

野生のニホンジカよりも、やや早目に伸張しはじめますが

伸張が早くなるのは、やはり春~夏にかけての今の時期。 

 

1月経過すると、あっという間に伸びているので

違う姿を見ることができますよ(^^)

 

さて、本日のおちびさん(↓)

6月10日に生まれたメスの赤ちゃんのほうです。

 

9

しっかりカメラ目線です。

8

 

すくすく、順調に育っています♪

0

赤ちゃんのオスが、角がはえだすのは、まだまだ先です。

あたたかく成長を見守っていっていただけると幸いです(*^^*)


上野、北川、草野、高田、平瀬、松本 松男

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615