熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.110グラントシマウマの模様替え

飼育ブログ

動物だよりvol.110グラントシマウマの模様替え

2016年11月25日(金)

平成28年11月25日(金)晴れ

 

熊本地震発生から225日。

 

秋の訪れと部屋替え

7
 

 

グラントシマウマ舎では

大きなヌマスギの紅葉が見頃を迎えています。

 

そんな中

グラントシマウマの一家の末っ子、カイセイ(♂)が

2歳7ヶ月齢(2014.4.16生まれ)となり

そろそろ大人の仲間入り。

 

ということで、これまでは母親のミヤコと同室だったのですが

昨日からカイセイは1人部屋となりました。

 

ミヤコは、娘のヒトミと久しぶりに同室へ。

 

母娘はスムーズに放飼場で合流して

母親を先頭に寝室に戻っていきました。

 

1人になったカイセイは

はじめ放飼場で戸惑う様子もみられましたが

すぐに落ち着いて放飼場で過ごし

夜も両隣の部屋父、母、姉が見える状態で落ち着いていました。

 

さて、今日は・・・?

ミヤコは放飼場でもくっついてきたヒトミに

もう、あっちに行きなさい!とばかりに後肢で蹴る仕草。

 

暴れん坊で母親よりも大きくなったヒトミのほうが

やや気がかりだなと見守っていたのですが 

母、強し、でした。

 

その後は、つかず離れず。

 

5

 

ちょっぴりいつもよりおとなしめのヒトミ(↑)

2

 

どっちかが乾草を食べに来ると(↑)

もう片方は乾草から離れて、微妙な距離をとっています。

8

 

紅葉とシマウマとのコントラストが美しい時期ですね(^^)

3

 

遠くからヒトミの様子を伺うミヤコ(左奥↑)

 

ちなみに、ヒトミ(右手前)のお尻模様は、4本きれいに左右対称です。

ミヤコは、上から2本が左右対称で、3本目の左側が短いです。

模様は、それぞれ個体差があります。



8

7

9

9

 

互いに少し距離をとりながら放飼場で過ごしたあとは寝室に戻り

とくにもめることもなく、落ち着いて一緒に乾草をもぐもぐ。

9

 お隣のカイセイは、戻ってきた母親のミヤコに甘えて

フゴフゴ鳴いていました☆

 

がんばれ、カイセイ!

 

 

井手 眞司、上野 明日香、久保 英明、中村 寿徳

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671