熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.32ひゃっこい

飼育ブログ

動物だよりvol.32ひゃっこい

2016年5月20日(金)

平成28年5月20日(金)晴れ

 

冷凍フィーダーでぼわわ

 

 

熊本地震発生から36日。

 

今朝の動植物園(↓)

 

4

5

 

消防ホースもタンクも、日常の光景となりました。

今日は、強風(↓)


7

5月下旬となると、熊本も日中の最高気温が29℃

 

島の放飼場ですごすチンパンジーたちの様子をみていると

 

今日は強風だったため、朝はある程度は涼しげで

 

タワーで4人(カナエだけそばでごろりんしていました)が

 

ひとかたまりとなってグルーミングしていました。

 

そうはいってもやはり暑い!

 

昼からの全天候型展示室と島の放飼場に設置した

 

フィーダーには、冷凍トマト、ミカン、リンゴ

 

カットして入れてみました。

 

ささーっと、まっすぐいったのがノゾミ。

 

2

直前まで凍らせていたのに

 

つっこんだ指で削って食べています。

 

冷たさは感じているらしく、毛がぼわわーっと逆立ちました。

 

6

それでも食べるノゾミ(左)。

 

順番を待つカナエ(右)。

 

あらかた食べると、2本目のフィーダーへ。

 

3

 

ぶしっ、ぶしっ。

4

5

カナエは、ノゾミの食べ残しをゆったり食べています。

 

8

 

足元には、確保したキャベツ。

9
 

マルクも後から冷凍フィーダーへ。

 

4

 

暑い日は、動物たちの熱中症対策も必要です。

 

もちろん、人も。 

 

当園のスタッフは、日中は動物たちの飼育管理と

 

災害ゴミ対策の応援

 

夜間は避難所生活の方々の応援に行っています。

 

避難所の環境は、場所によってまちまちです。

 

体育館や武道館などでは

 

プライベートを保ってくつろいでもらうため

 

ダンボール壁で個々にしきられていますが

 

そのぶん、空気がこもり暑くなっていました。

 

すでに蚊も活発に活動しているので

 

感染症なども心配です。

 

 

環境に合わせた対応がこれから必要です。

 

4
 
 

井手 眞司、伊藤 誠基、伊藤 礼一、上野 明日香、久保 英明

竹田 正志、中村 寿徳、福原 真治、松本 浩二、的場 秀嗣

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671