熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  ライオンのセボシが亡くなりました

飼育ブログ

ライオンのセボシが亡くなりました

2014年10月28日(火)

園からのお知らせでもお伝えしているとおり、

先日、雄ライオンのセボシが死亡しました。

 

平成10年10月10日生まれの16歳。

平成14年7月8日に大分県の九州自然動物公園から、

雌のリッキーと一緒に来園しました。

 

リッキーと①
リッキーと一緒に①

 

リッキーと②
リッキーと一緒に②

 

その後、2010年の2月にリッキーが亡くなり、

1頭だけとなってしまいましたが、11月に新しい雌のリボイが来園しました。

 

リボイ
来園したばかりのリボイ

 

リボイとの間には2012年に3頭の子どもが生まれました。

子ども

生まれた子どもたちは人工保育で育ち、

一般公開の日には多くの方に見に来ていただきました。

公開
一般公開の様子

 

9月下旬から元気がなくなってきて、食欲も落ちてきました。

担当飼育員や獣医師で治療を行ったのですが、

亡くなる2~3日前からは立てなくなり、10月25日に死亡しているのを確認しました。

 

腫瘍が全身に転移して死亡したものと思われます。

 

ライオン舎の前の献花台には多くの花が置いてあり、

セボシの人気がうかがえます。

献花台
 

長い間セボシをかわいがっていただきありがとうございました。

 

セボシ

セボシ2

セボシ3

 

飼育第二班 長井

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671