熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.326日本庭園へホタルの放流

飼育ブログ

動物だよりvol.326日本庭園へホタルの放流

2017年10月13日(金)

平成29年10月13日(金)晴れのち曇り

 

熊本地震発生から548日。

 

ホタル放流

 

動物資料館で養殖していたゲンジボタルの幼虫を

園内の日本庭園の川へ放流しました。

 

この幼虫は、今年の5月25日に

園内の日本庭園エリアから域外保全のために引き上げた

成虫のオス8匹、メス5匹からうまれました。

現在、全部で1358匹の幼虫が育っています!

 

 4

 

本日は、その中でも成長が早い500匹を選び(↑)

もとの日本庭園へ放流しました。

 

こちらが、ゲンジボタルの幼虫(↓)。

 

団子状態に塊になっているのは、暗いところを好むので

光がまぶしぃよぉ・・・と仲間の内に内にと入り込んだ結果と思われます。

5

それにしても、これがあの美しい幻想的な光をともす成虫になるとは

思えない現在の姿。


6

 

育ててきたメンバーにとっては、それでも可愛い(*^^*)

7

 

こちらは、一番よく育った部屋の幼虫達(↓)。

8

 

ホタルのエサとしては

カワニナも日本庭園からとってきて育てています。

 

 

こちらが、放流する日本庭園の川(↓)。

9

 

例年だったら、一般の方に呼びかけて一緒に放流会を行うのですが

このエリアも、残念ながら非開園エリアのため

今年もスタッフで行います。

 

担当者の呼びかけに

スタッフと動物ボランティアさんが続々集まってくれました。

0

 

水のある場所には、蚊も多く、スタッフが襲われています(↓)

1

 

はじめてホタルの幼虫をみる飼育スタッフもいるので

2

 

・・・かゆいよぉ~っ(><)

3

 

・・・スタッフも学ぶ良い機会です。

4

 

それでは、いざ、放流!

5

放流ポイントは、水の流れが少ないところ。

7

 

元気に育って、成虫になってね。

8

 

来年は、お客さんたちの前で光ってね。

9

 

スタッフそれぞれが、いろいろな想いを抱えながら

0

 

あちこちに放流。

1

 

自然界はきびしいので

この中のすべてが成虫になれるとは限らないですが

すでにこの日本庭園には、自然孵化した幼虫も根付いています。

2

 

ほどけかけたホタル団子(↓)

どこにいるか、わかるかな?

3

来年のホタルの季節、幻想的な夜を皆さんにお届けできますように♪

 

 

一安、岩永、上野、鎌田、北川、草野、平瀬

福原、福本、藤原、松崎、松本 直美、吉仲

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615