熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  イガ栗いただきました! 第1弾

飼育ブログ

イガ栗いただきました! 第1弾

2020年10月1日(木)


だんだん肌寒くなり、秋を感じる季節となりました😏
スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋、、、
いろんな秋がありますが、動物園はもちろん『実りの秋』!

たくさん木の実がなるこの時期は、動物たちにとってご馳走の季節です🍽

今回は九州でも代表する栗の名産地、熊本県の北部から
『筑波栗(つくばぐり)』という品種のとても立派な栗をいただきました🌰!!
採れたてで、とっても新鮮!
動物たちにと、なんとコンテナ2つ分もいただきました!!
57

58

立派なイガ栗は、もちろん殻をむいたりせず
自然な形のまま動物たちのもとへ届けます!

栗をセットする前に、たくさんの落ち葉を敷き詰めているのはチンパンジー舎🍂
11

季節感が出るだけではなく、
普段とは違う落ち葉のにおいや感触、落ち葉を踏むとなる『しゃかしゃか音』など
色んなことがチンパンジーたちの刺激になります!

48

12

見るからに痛そうなイガ栗を、
チンパンジーたちはどのように攻略するのでしょうか?
早速、その様子をのぞいてみましょう!

カナエちゃんは、まず近くにあったイモを取っていましたが
すぐに栗に気付きました🌰
当たり前のように栗を持つカナエちゃん、、、
『痛い』と、つい声が出てしまっていたのは飼育員のほうでした😅
81

82

いくつか拾い集めると、さっそく栗を取り出し始めます。
83

人差し指でトゲを避けながら、うまく中の栗を取り出してます!

丸太の上でも、、
75

76

指先に注目してみると、、、
79

78

取れました!
80

カナエちゃんが立ち去った後は、たくさんの栗の殻が落ちていました😆
90


続いてノゾミちゃん!
68

67

86

あっちこっちで栗を見つけて食べ歩き🍽
88

87

チンパンジーって、こんなに指が長いんですね!
それにしてもこの真剣な表情、、、
89

まさに『イガ栗職人』!!


みるくは、当園では展示場に敷き詰められた落ち葉やイガ栗は初体験!
最初は落ち葉に少し警戒、、、
72

時間がたつと慣れてきて、ようやく下に降りてきましたが
最初は栗には見向きもせずに他の野菜を食べ始めました。

『みるくは食べないかなぁ』と思っていましたが、
他の4人がある程度食べて休んでいるころ
みるくが栗を触っていました🌰
73

よく見ると、中身は空っぽ。
みんなの様子をしっかり見ていたのか、栗の出し方を練習しているもよう。

その後、栗を取ることが出来たみるくですが
指は使わずに直接口でとっていました(笑)
10


いつもはダイナミックな動きを見せてくれるマルクも、
85

体を小さく丸めて、見事な指さばきで栗を取りだします🌰
22

21


クッキーはイガの中から栗を取りだすことはせずに、落ちている栗や
みんなが食べ終わった残りを求めて探し回ります。

食べ残しを待っている間、手持無沙汰なクッキー、、、😅
(↓上:クッキー 下:カナエ)
18

(↓左:マルク 中央:クッキー 右:カナエ)
20

このあと、座ってる丸太の穴の中にあるジュース(手絞りのスイカジュース)に気付き、
こっそり独り占め♬


『イガ栗いただきました! 第1弾』は、ここまで!
他にも様々な動物たちに与えています。

近日中に第2弾を投稿します😄お楽しみに☆

 ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671