熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.197大牟田市動物園でスピカに会ってきました!

飼育ブログ

動物だよりvol.197大牟田市動物園でスピカに会ってきました!

2017年4月23日(日)

平成29年4月23日(日)晴れ

 

熊本地震発生から375日。

 

ユキヒョウのおはなし会

 

昨年4月の熊本地震より 

大牟田市動物園で預かっていただいている

ユキヒョウのスピカ(♀)来園1年を記念して

この日の午後、大牟田市動物園のすぐ近くのカルタックスおおむたで

「ユキヒョウのおはなし会」が開催されました。

当園からも2名参加して

熊本市動植物園の1年の経過と

現状そして今後について話をしてきました。

 

3

 

一度、ユキヒョウ舎に立ち寄ってスピカに挨拶。

 

5

1

 

現在は、寝室と放飼場をつなぐこの通路で

涼んでいることが多いそうです。

スピッ!

呼びかけにジロッと反応。

4


遊びに誘う伊藤さんの動きに合わせて

6

0

 

スピカの視線も移動。

手も、少しもぞもぞ・・・。
2

 

さて、午後から開催されたおはなし会では

3

まず、大牟田市動物園の椎原 春一園長からの挨拶があり

6

 

その後、野生のユキヒョウの調査研究をされている

京都大学野生動物研究センターの木下こづえ氏から

ユキヒョウの不思議、野生での現状、現在の研究内容について

お話がありました。

8

とくにフィールドワークの話は

わたしたち動植物園スタッフにとっても興味深い話で

聞き入っていました。

1

 

後ろで、園長をはじめスタッフの方々もきかれています。

2

その後、熊本市動植物園のスタッフで

熊本地震から1年~あのとき、あのあと、そしてこれから~

の話をさせていただきました。

5

地震発生当時の話から

8

現在に至るまで

2

 

スタッフが取り組んできたことや

4

現在の部分開園エリアと復旧工事の進行具合

さらに現在構想段階の猛獣舎についても

写真や図などで説明しました。

6

 

さて、再び大牟田市動物園のユキヒョウ舎前。

7

 

放飼場の段上でおねむだったスピカも

8

集まってきた人の数に、何事ですかと起床。

0

 

スタッフの方々がイベントのお肉を用意して後方に立つと

1

 

目が爛々!

2

 

これから、お肉タイムね!

3

その後は、こちらをずっと見つめているスピカ。

0

ざわざわ、どんどん人が増えてきました。

2

 

スピカも、臨戦態勢。

4

見つめながら


6

 

少しずつ

7

前に出てきます。

0

1

2

 

まずは寝室に入ってもらうようにスタッフの方が誘導。

3

4

5

スピカがいったん寝室に戻ったあとに

スピカの肉探しタイムのガイドが開始されました。


6

8

 

まずは、飼育スタッフの方たちが肉を数箇所に設置。

0

3

7

足元がぐらぐらする場所の上にも設置。

9

 

うーん、この状態でスピカがお肉をとる姿をみつけるのは

後ろのお客さんにはきびしいかな。

 

8

 

・・・と思っていたら

 

スピカじゃーんぷ!!

1

馬肉を前脚で叩き落としてから食べる

という姿をみることができました。

前回は、口で取ろうとしていたそうですが

手で落としたほうがとれる、と学習したようです(*^^*)

 

肉さがしタイムのあとは

こちらの飼育スタッフさんたちのご好意で

採血の様子までみせていただきました。

 

8

 

まずは、格子の横の台に、スピカを誘導。

 

7

 

そのままご褒美を与えながら

少しずつ格子の隙間から尾の先だけを外に出しておられます。


3

 

するりん(おおーっ)

4

5

 

そして毛刈り。

6
 

駆血して、血管を浮き上がらせます。

9

 

この時点で、わたしたちも血管の位置をさわって

確認させてもらいました。

 

ライオンの尾から採血したときとはまた違う感触。

プニプニ

少し皮下脂肪の厚みも感じます☆

0

 

消毒した部分が、少し黒くなっているのがわかりますか?

ここに尾静脈が走っています。

1

 

この段階で、鳥のむね肉をミキサーにかけたものに変更。

チューブでぺちゃぺちゃ舐めさせています。

2

 

その間、獣医師が採血用の注射針でロックオン。

3

 

血管の位置をもう一度確認して

4

再度消毒。

6

 

ぷすり。

7

 

ちょっと見えにくいですが

8

 

この日は、検査できる程の血液量がはじめて多く取れたそうで

スタッフの方々も嬉しそう♪

来園者の方々からも、自然に拍手がわいておりました。

 

今日がとても温かい日だったのと

直前にお肉探しで動きまわっていたことも

良かったのかもしれませんね。

9

採血あともキレイです!

1

採血後は、関わった全員がご褒美をあげることにしておられます。


2

 

でないと、あの人は痛いことばかりするって嫌われて

獣医師にさわらせてくれなくなりますもんね(^^;)

4

使用されたお肉と、むね肉はこんな感じ。

6

 

その後も、寝室や放飼場を活発に動きまわったり

7

8

9

0

1

2

3

丸太にすりすりする様子もみられました。

5

6

8

ふんふん

0

 

すりすり

1

 

すりり~

2

預かって飼育していただいている大牟田市動物園の皆さま

このような機会を設けていただき、本当にありがとうございました!

 

このブログで、熊本市の皆さまへのご報告とさせていただきます♪

 

スピカは、元気ですよーっ!!

 


 

伊藤 礼一、上野 明日香

 

 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671