熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  オウギバトが生まれました!

飼育ブログ

オウギバトが生まれました!

2016年7月18日(月)



6月24日にオウギバトが孵化しました。

 

昨年8月に長崎県の九十九島動植物園から繁殖目的の借受で来たメスのオウギバトと

当園のオスの間に待望のヒナが生まれました。

 

オウギバトは国内でも数が少なく、

繁殖を進めていかないと将来国内の動物園で見られなくなる可能性が高い動物です。

 

当園では30年オウギバトを飼育していて始めての繁殖です。

 

しっかり育ってもらいたいと思い、心配していましたが、

 

心配をよそにすくすくと育ち、無事巣立ちしました。

 

 孵化2日目

孵化2日目

なかなか警戒して胸の奥のヒナは見れません

割れた卵のからだけが・・

 

 

孵化3日目
孵化3日目

一瞬の隙にヒナが見えました

まだ、毛も生えてなくツルッツル♪

 

 

孵化7日目

孵化7日目

少しずつ羽が生えそろい始めました

 

 

孵化後18日①

孵化後18日目


孵化後18日②
親の胸の中に入りきれなくなってきました

 

 

 

 

孵化後24日目

孵化後24日目

頭に親と同じオウギのような冠羽が生えてきました

大きくなったな~♪

 

 

 

孵化後42日目

孵化後42日目

スクスク育っていたため

油断して写真をとってなかったら、

巣立ちしてるー!

 

孵化後42日目②

もうすっかりオウギバトの形になってきてます!

 

孵化後42日目③

近づくと威嚇してきたりして♪

 

 

子育て

 

                         オウギバトはオスもメスも卵を温め

孵化した後も胸の下にヒナを入れて育てます

ハトは親のそ嚢という場所でつくられるハトミルクを子どもに口移しで与え育てます

このハトミルク、オスもメスもつくることができるんです

 

子どもが巣立つまで

お父さん、お母さん交代で子育てを行っていくんです

見習わないと!

 

インドネシア、パプアニューギニアに住む

このオウギバト

世界最大のハトなんですよ!

 

美しい冠羽と新たに増えた子どもを見に来てもらえるよう

1日も早い開園がんばります!

オウギバト

診療教育班:

立山 三徳  林 修司  小川 誉夫  本田 信夫  松本 充史

 

 

 

 

 

 



 

 


 

 

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671