熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  飼育ブログ  >  動物だよりvol.403草食獣舎エリアの工事

飼育ブログ

動物だよりvol.403草食獣舎エリアの工事

2018年1月17日(水)

平成30年1月17日(水)雨のちくもり

 

熊本地震発生から644日。

 

草食獣舎では、地震の復旧工事継続中です。

 

こちらは、サイ舎(↓)

 

6

柵がすっかりなくなりました。

 

開園エリアの草食獣舎の裏側では、工事車両が動いています。

 

観覧通路からはみえませんが、モノレールからは見えますよ。

 

その様子を、野次馬・・・じゃない。

9

シロダマジカのファローが、みにきていました。


0

 

寝室裏の配管工事です。

1

 

こちらは、その並びのエランド舎の裏側。

2

 

深い穴があいています。

3

 

エランドのサンタも見に来ていました。

4

エランドは、ウシの仲間。

一度胃に入れた植物を、口の中に戻してもんぎゅもんぎゅ

反芻しながら、じーっ・・・

6

 

やはり自分のくらしているところの近くでなにか起きていると

気になる模様。

7

 

キリン舎前では・・・おふっ☆

9

 

クレーン車が、びょーーーーーん。

0

 

小春と秋平の親子は、すでに寝室です。

 

ダチョウたちは、放飼場を闊歩。

2

 

今日は、とくに工事車両を気にかける様子はなく

3

 

ずんずん。

4

いつもと変わらない行動です。

6

 

サンタも、工事の様子を見たあとは

7

 

お隣のスタッフの動きを観察。

8

 

ラマのポコとマーチは繊細なところもあり

工事の見えないところで、うろうろ。

9

0

1

2

 

ファローは、好奇心旺盛なので

工事車両を見つめていたかと思えば

こちらで撮影しているのに気付いてかけよってきます。

3

 

鼻をくっつけてふんふんにおいをかいで

ああ、きみだねと確認すると

4

 

すぐに興味を失い、くるんと向きを変えて

 

7

 

また工事車量の動きを見物に行きます。

6

シフゾウのアリサは落ち着いていて

こちらをゆったり見つめて休憩中。

8

 

眠そうだね~

9

 キリン舎放飼場前のポンプ設置工事は

収容時間等に影響が出ていますが

今のところ、とくに健康上の大きな影響は出ていません。

 

開園エリア中、工事の進捗状況により

動物たちの収容が早くなることもあります。

また、寒さが苦手な動物の収容も早まることがありますので

ご理解・ご了承いただけると幸いです。

 

 

上野、内田、北川、草野、高田、戸田、檜垣、平瀬、松本 松男、森田


















 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    [動物ゾーン]TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671    [植物ゾーン]TEL 096-368-5615