熊本市動植物園トップ
園の概要営業案内アクセス園内マップ遊戯施設レストラン・売店
   ホーム  >  動植物園データベース  >  検索結果  >  ベニコンゴウインコ

動植物園データベース

ベニコンゴウインコ

ベニコンゴウインコ
目の周りの模様
[鳥類] [オウム、インコ] [オウム目] [インコ科] 
英名/Red-and-green Macaw
学名/Ara chloroptera
分布/南アメリカ北部
【IUCN red rist 絶滅危惧分類】
 LC(LEAST CONCERN)低危急種
【大きさ】90cm
【羽色】雌雄似ている
【渡り】行わない(留鳥)
【生息地】沼沢性熱帯雨林に棲み、巣は木の幹などに自然にできた樹洞などを利用して作ります。
【大きな鳴き声】
社会性のある鳥で、多くの場合、10~30羽の群れを作っています。鳴き声により、群れの中でコミュニケーションを取り合ったり、縄張りを主張したり、互いを確認し合ったりしています。
【器用な口】
大きくて力強いクチバシで木の実や種を簡単に割ることができます。舌の内部には骨があり、実や果物の中身を器用に食べることができます。
【ペア】
生涯つがいを守ります。巣で産まれた卵はメスが温めますが、孵化した後のヒナはつがいで世話をして育てます。
【ワンポイント】
アカコンゴウインコと似ていますが、見分け方は?
➀目の周りの赤い縞模様
有る:ベニコンゴウインコ
無い:アカコンゴウインコ
➁雨覆羽
青、緑の羽:ベニコンゴウインコ
黄色の羽:アカコンゴウインコ
➂羽の赤色の色調
濃い赤:ベニコンゴウインコ
明るい赤:アカコンゴウインコ
カピバラ舎でルリコンゴウインコとともに混合展示しています。ベニコンゴウインコは体は大きいのですが、温厚な性格です。

Kumamoto Zoo Channel "コンゴウインコの環境エンリッチメントを体験してみた!

 戻る ホーム
熊本市動植物園   〒862-0911 熊本県熊本市東区健軍5-14-2    TEL 096-368-4416   FAX 096-365-5671